> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
第33回・帝塚山音楽祭
f0151647_18500433.jpg

午前5時から午後2時半までの勤務のあと、勤務先から自転車で万代池公園の「帝塚山音楽祭」に向かう。

今日の5月25日(土曜)と明日の26日(日曜)の2日間。

午後3時40分から押尾コータローさんのリハーサル。

午後4時から「押尾コータローwith清水興」の本番。
50分間。

その前に出演されていた高校生ギタリストの西村ケントさんも参加。

押尾さんは20歳のころ、清水興さんのギターの教則カセットテープで練習をされたとか。

公園のブランコの外枠の斜めに立っている鉄の棒にもたれて拝見する。

「帝塚山音楽祭」で押尾コータローさんのステージを拝見するのは2度目。

f0151647_18563456.jpg

f0151647_19002671.jpg

f0151647_19033829.jpg

f0151647_19064064.jpg

南港の勤務先から東に向かい、地下鉄「北加賀屋駅」の前、地下鉄「玉出駅」の前を通過し、阪堺電車(路面電車)の阪堺線の「塚西駅」の交差点まで(マンガ研究家の相田四さんが、このあたりに、かつて住んでおられました)。

つぶれかけそうな建物の「びっくりドンキー」は、そのままなのに、階下のシッカリとした建物のコンビニがつぶれていた。

「大阪ガス」の本社ビル(だったかな。かつてステレオ写真同好会で一緒だったかたが勤務していて、通っていたと聞いたことがあります。花火のステレオ写真撮影の専門家でした)が、「ライフ・玉出東店」になっていました。

f0151647_19580076.jpg

更に東に向かうと帝塚山です。

加川良さんのアルバム「アウト・オブ・マインド」のジャケットのイラストの阪堺電車の上町線の「姫松駅」に電車が停まっているところです。

f0151647_19590173.jpg

f0151647_20052952.jpg

f0151647_20062462.jpg

「帝塚山音楽祭」から帰宅すると、午後5時半でした。

f0151647_20090506.jpg

by hitcity | 2019-05-25 19:23 | Comments(0)
「フリースタイル42」に川勝徳重さんの御名前
f0151647_12122475.jpg

「フリースタイル」は不定期刊ともいえる雑誌で、本屋で見かけたら買うようにしていて、年末に刊行されるその年のマンガについての特集の号は欠かさず買っていますが、まず、いつも買っていると思います。

いま発売中(4月20日発行)の42号の表紙には、「筒井康隆インタビュー by矢作俊彦」とあって、これは買わなくてはいけない。

筒井康隆さんは私が初めて熱中した小説家で、ファンクラブにも入り(梅田のジャズバーでの集いでは、隣に堀晃さん、近くに山下洋輔さんが座っておられました)、筒井さんの戯曲が神戸や大阪で上演されるのは欠かさず観に行きました(筒井さんが主演をされた芝居もありました)。

マルクス兄弟のフィルムが発見され、神戸のホールで、筒井康隆さんと小林信彦さんのトーク付の上映会があり、行ってみたら、右端に座っていた私の通路を隔てた隣の席に、小林信彦さんと筒井康隆さんが座っておられました。

筒井康隆さんと横尾忠則さんのトークにサイン会、筒井さんの講演つきの短編アニメ「べティ・ブープ」のオールナイト上映会、筒井さん原作の映画「スタア」の完成披露上映会、等々。

筒井康隆さんが大会委員長を務めた神戸の日本SF大会にも行きました。
この時、「スタア」の上演があり、演出をされた福田恆存さんをホールのレストランの近くの席で見ました。

筒井康隆さんの作・演出・出演の新神戸オリエンタルホテルの1泊28000円のミステリーナイトのイベントに参加したら、同じホテルでの筒井さんの断筆解除とフランスの勲章の受勲を記念しての会費10000円のパーティの招待状が届き参加したりもしました。

新潮カセットブックの筒井康隆さんの朗読の公開録音を、つかしんホールでされるのを、近くにお住まいのマンガ家の川崎ゆきおさんを誘って行ったこともありました。

現在も、木曜日の午後11時20分あたりからのテレビ番組「ビーバップ!ハイヒール」に筒井康隆さんがレギュラー出演をされているので、毎週、録画をしています。

f0151647_13322947.jpg

インタビュアーの矢作俊彦さんの小説は、横浜を舞台にしたハードボイルド小説の「ロング・グッドバイ」しか読んでいませんが、昔、ダディ・グースという御名前でマンガを描かれていたのは、よく読んでいました。

「漫画アクション」に連載されていた大友克洋さんのマンガの原作を担当をされてもいました。

現在、発売中の「漫画アクション」(5/7号)には、そのマンガ「気分はもう戦争」の続編が掲載されていて、ポスターやポストカードの付録がありました。
大友克洋さんの新作となると、雑誌の力の入れようも違ってくるように思えますね。

f0151647_12125736.jpg

「フリースタイル42」の「筒井康隆インタビュー by矢作俊彦」の写真に「撮影=安珠」とありますが、『美術館「えき」KYOTO』で安珠さんの作品展が開催され、会場の音楽を細野晴臣さんが担当され、6月16日に、「細野晴臣×松本隆×安珠トークショー」というのが開催されることをツイッターで知りましたが、京都で日曜の夜に開催となると、翌日の勤務の都合があり行くことができずに残念に思いました。

同じく『美術館「えき」KYOTO』で「赤塚不二夫展」と「藤子不二雄A展」が開催された時には、京都駅の特設ステージで、赤塚不二夫さんとタモリさん、藤子不二雄Aさんと中川家のおふたりとのトークショーがあり、それぞれ行きましたが、その時のように日曜日の昼からならば、行くことができるのですが。

f0151647_13355962.jpg

昨日、5月4日の土曜日、中野サンプラザの13階で、久呂田正三さんの「6本指/怪人影男」が復刻されたことを記念して、漫画コレクターの高橋正彦さん、まんだらけ副社長の辻中雄二郎さん、川勝徳重さんによるトークショーが、正午から開催されたようです。

大阪の貸本マンガの世界を描いたマンガ「劇画バカたち!」(松本正彦)のキャラクターとしても久呂田正三さんには興味があり、6000円ということですが、その本は買ってみたいと思っています。

上の画像は、「劇画バカたち!」からですが、貸本の出版社の日の丸文庫のあった安二(あんに)ビルです。

広告会社勤務時代、南船場にある大阪写真会館で月に一度の土曜日に、私の勤務していた会社の社長が設立メンバーのひとりである「大阪手作りカメラ倶楽部」の例会が開催され、ステレオ写真(立体写真)仲間の、でじまるさんと屋我平勇さんと一緒に参加していましたが、その真向かいに、新しく建てかえられてはいたようですが、「安二ビル」があり、ここだったのか!と思いました。

神奈川在住の貸本マンガ愛好家の誘蛾灯さんと、そこのサイトの掲示板で知り合った入江さん、マンガ研究家の相田四(そうだよん)さんと、その「安二ビル」前に行ったことがありました。

神奈川在住の1コマ漫画誌「EYEMASK」の編集発行人の野谷真治さんを案内した際には、「安二ビル」は、韓国焼き肉店になっていて、野谷さんとそこで食事をしました。

のちに近くを通りかかったので行ってみたら、建物はなくなり、自動車の駐車場になっていました。

2013年の9月に、川勝徳重さんが「文学フリマ大阪」に参加しに来られた際、前日の土曜日、塩崎おとぎ紙芝居博物館に行ったあと、まんだらけ梅田店に行き、私も参加していたマンガ同人会「もののけ」の、屋我平勇さんと宇原泰年さんと、店内で偶然に遭遇し、そのあと、皆で喫茶店で話し込み、遅くなって単独で堺市のホテルに川勝徳重さんは向かわれました。

私も宇原泰年さんに会ったのは、この時の一度きりで、「月刊漫画ガロ」に、権泰平さんという御名前でマンガを発表されていたかたに、川勝さんも偶然に会うことができて良かったとは思いますが、安二ビル跡に案内することができなかったことが心残りでもありました。

当初の予定では、まんだらけ梅田店のあと、地下鉄で心斎橋に向かい、安二ビル跡に行き、そのあと、心斎橋にあるレストランの不二家(日の丸文庫の新人賞に佳作入選した水島新司さんの受賞式をし、佐藤まさあきさんの結婚披露宴をされた場所として、回想録などに、心斎橋の不二家が登場するので、どうかなと)、改築前のレトロ建築の大丸百貨店、まんだらけグランドカオス店、「劇画バカたち!」にも登場する法善寺横丁、地下鉄で天王寺に行き、そこから堺のホテルまで阪堺電車の路面電車で向かうということになっていました。

そんなわけで、一度、川勝徳重さんを、安二ビル跡(駐車場ですが)に案内したいと思ってはいますが、いっそ、その向かいの大阪写真会館で、川勝徳重さんのトークショーを開催するとか、いかがでしょう。

大阪手作りカメラ倶楽部の月に一度の例会は、5階の会議室で開催されていましたが、借り賃は、1万円台だったようです。

⚫大阪写真会館【貸会議室】
https://osaka-shashinkaikan.com/kashikaig.html

f0151647_13372494.jpg

土曜日の夜の0時10分からの30分番組の「松本家の休日」の先週と昨夜の2回は、阪堺電車の路面電車を貸しきって、恵美須町から浜寺公園まで向かうという内容でしたが、数ある駅の中から、2駅、芸人たちが乗り込んでくる駅になっていましたが、うち1駅が、我が家の最寄り駅の細井川駅になっていました。

f0151647_13394395.jpg

「フリースタイル」の巻頭には、40人ほどのかたが、それぞれ気に入ったもの(映画やテレビ、本やCD、コンサートや芝居など、いろいろ)を3点、紹介するレギュラーのコーナーがありますが、松永良平さんというかたが、次のように書いておられました。

【1月から阿佐ヶ谷のバーRojiで、漫画家と音楽の関わりをしゃべりと音楽で切りひらくトーク・イベント〈マンガ・イン・ジ・アレー〉を始めた。
第一回のゲストは川勝徳重&高城晶平(cero)。】

川勝徳重さんの御名前が登場していました。

f0151647_12133151.jpg

貸本マンガや安二ビルや大阪写真会館について、ブログに書いていました。

⚫【mixi再録】日の丸文庫から20メートル離れて
https://hitcity.exblog.jp/7416423/

by hitcity | 2019-05-05 15:35 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル